トップ

冷え性とダイエット

ダイエットしても痩せにくい体

冷え性の人が痩せにくい原因

たとえ一生懸命カロリーをコントロールしてダイエットに励んだとしても、冷え性ではない方と比べるとダイエットの効果がでにくいようです。
手や足先が冷える「冷え性」の人たちは痩せにくいといわれていますが、その原因はいったい何なのでしょうか。今回ご紹介していきたいと思います。

冷え性にお悩みならこちら。

<なぜ冷え性だとダイエットの効果がでにくいの?>
冷え性のかたは寒い冬だけではなく、たとえ夏のような暑い時期だとしても、家庭やオフィスの冷房などちょっとしたことが原因で手足が冷えてしまうことがあるようです。
そもそも「冷え性」とは、内臓の温度が低くなり、血のめぐりが悪くなっている状態です。その状態がダイエットに重要な「基礎代謝」の低下を招いていることをご存知でしょうか。
内臓の温度がたった1度下がっただけでも、基礎代謝はなんと12%も下がってしまうのです。

それだけではなく、冷え性で血行不良におちいると体がむくみます。
体が冷えることによって、余分な水分がたまり、その水分が脂肪とくっついたものがセルライトです。
セルライトは太ももなどにできるとボコボコとして外見にも響きます。
このような悪循環を防ぐために、冷え性を改善する必要があります。

<どうすれば冷え性の改善ができるの?>
冷え性を改善するためには、体を外側だけではなく内側から温めることが大切です。
ダイエット中だからと、食事制限をするあまり栄養不足になっていませんか?
タンパク質などが不足すると筋肉が減り、その結果体が冷えてしまいます。

また、水分を摂取しすぎるのもNGです。
特にコーヒーなどは温かい地域が原産ですから体を冷やす作用があります。
冷え性を改善するためには、紅茶のように体を温める作用のあるドリンクに変えるなどの工夫が必要です。
体を温める効果の高い「生姜」などを入れるとより効果的です。